27日、中国のメディアやネットではたびたび日本の優れた点を紹介する記事が掲載されており、中でも給食に関する評価は高い。資料写真。

写真拡大

2017年7月27日、中国のメディアやネットではたびたび日本の優れた点を紹介する記事が掲載されており、中でも給食に関する評価は高い。中国のポータルサイト・網易が23日に掲載したコラムでは、日本の給食の特徴や中国が学ぶべき点を紹介している。

日本の給食は栄養のバランスが取れており、当然衛生面も厳しく管理されている。校長先生が生徒より先に食べ、問題がないかをチェックするという徹底ぶりだ。義務教育でも給食費を納付する必要があるが、金額は少なく家庭への負担を減らしている。経済状況にかかわらず皆同じ給食を口にするため、子どもらの中に「平等」や「団結」といった精神が形成させる。日本の給食は日本人の体質を向上させるだけでなく、教育においても欠かすことのできない存在となっている。

日中の教育に優劣を付けることは難しい。教育は一朝一夕でできるものではなく、両国の教育制度を短期間で判断するのは困難である。ただ、日本の小学校の給食制度は称賛せざるを得ない。

中国も教育に力を入れているが、教育を強化するうえで日本の給食制度は良い参考になるはずだ。中国では昼時に自宅に帰って食事を取る生徒もいる。それを見るたびに、中国でも給食制度が普及してほしいと願ってしまう。(翻訳・編集/内山)