<北朝鮮の一部のエリートたちはフェイスブックやインスタグラムを使いこなし、自由にネットサーフィンに興じている>

インターネットが厳しく制限される北朝鮮について、興味深い報告が飛び込んできた。北朝鮮のごくわずかな高官たちは、インターネットでソーシャルメディアのチェックからゲームまで、自由に行っているという。

リサーチ会社インシクト・グループの調査で、インターネットの専門家が3カ月にわたって、孤立しているはずの北朝鮮のネット利用を監視した。ほとんどのケースで、保護されていない状態だったこともあり、監視は順調に進んだ。そして、これまでにない、北朝鮮エリートのネット使用の実態が浮き彫りになった。

一握りのエリートはネットも自由

今回の報告によれば、北朝鮮の最高指導者を含む最高層は、外部へのアクセスに一般的な制限はないようだ。

さらに、彼らのインターネット上での動きは、その他の国のユーザーと非常に似ていることがわかる。

ユーザーはフェイスブックやインスタグラムといったSNSを日常的にチェックし、ニュースを読み、アマゾンを覗くことも忘れない。ポルノ閲覧も。特に、ゲームやコンテンツのストリーミングが多く、使用全体の65%を占めていた。一番人気のゲームは、「World of Tanks(ワールド・オブ・タンクス、略称: WoT)」だ。

これらへのアクセスは、中国発の動画共有サイト「Youku(优酷)」、iTunes、P2Pファイル共有ソフト「BitTorrent」を利用していた。

【参考記事】世界最恐と化す北朝鮮のハッカー
【参考記事】「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部