登坂広臣のソロ第1弾! MVがスゴいとの噂

三代目J Soul Brothersボーカリスト登坂広臣のソロプロジェクト第1弾デジタルシングル『WASTED LOVE』が7月27日に配信開始となり、同日17時にMVが公開された。しかしこのMV、ファンは悲鳴モノの仕上がりに……!?

登坂広臣

<耳マンのそのほかの記事>

同曲は、三代目J Soul Brothersのヒット曲『Summer Madness』でプロデュースを担当した世界のトップDJ、音楽プロデューサーのAfrojackと登坂がアムステルダムで共作。クラブミュージックを基盤としながらもポップな仕上がりとなっており、これまた多くのファンを魅了しそう。登坂が手がけた歌詞にも注目だ。

『WASTED LOVE』

臣ファンサン生きてますか?

MVは楽曲の世界観とリンクした作品となっており、ふと目が合った瞬間から恋に落ちたふたりの物語を表現している。なんと、登坂がクラブで出会った美女と車内で濃厚にキスするシーンも! しかも何度もッ!! なんともセクシーな内容に仕上がっているが、これはファンの反応も気になるところ……。YouTubeのコメント欄には「濃厚やなぁ、、、」「臣ファンサン生きてますか?」などのコメントも寄せられている。とにもかくにも登坂の作品づくりへの並々ならぬこだわりを感じさせる同MV。ぜひチェックしてみてほしい!

[耳マン編集部]