マジであり得るかも!? 欅坂46・平手友梨奈が明かした「挑戦したい」驚愕髪型

写真拡大

 7月19日放送の「SCHOOL OF LOCK!」(TOKYO FM)で、欅坂46・不動のセンターである平手友梨奈が仰天の願望を打ち明け、ファンを大いに驚かせている。

 この日は欅坂の1stアルバム「真っ白なものは汚したくなる」が発売されたことを祝して、「真っ白なとこは答えたくなる」と題した質疑応答企画に平手は挑戦。

 その中の4問目で「あなたがしてみたい髪型は?」といった質問があったのだが、平手は「坊主です」と、まさかの坊主にしてみたい宣言をしているのだ。

 質問を読み上げてから回答するまでの時間は4.6秒しか用意されていなかったため、何となくで、「坊主」と答えてしまったのでは? と思いたいところだが、平手は「最近すごい思ってて…」と話してもいて、どうやらただのジョークというわけでもなさそうだ。

 ショートヘアがトレードマークの平手だが、今後どういう髪型にするか悩んでいることを伝えたうえで、「たぶん長いのはきっと似合わなくて、ショートがたぶん似合うんだろうなって思ってて。でも、ショートもだんだん面倒臭くなってきて。よく、海外の方、モデルさんとかって、坊主にしてらっしゃる方が多いじゃないですか。すごいカッコいいなって思っていたので。いつかやってみたいです」と、ロングヘアより坊主に挑戦してみたいともとれる心情を明かしたのだ。

「日本では09年に歌手として再デビューを果たしたICONIQ(伊藤ゆみ)がロングヘアを大胆カットして丸刈りヘアとなった例もありますが、今はやっていない。一瞬のインパクトとしては十分ですが、やはり可愛らしさ重視のアイドルの髪型には不向きですよね」(アイドル誌ライター)

 ファンからは「てち、坊主はやめて」「ロングの方がいいじゃん」「反対派だけど、見てみたい気持ちはある」といった具合の意見が寄せられ、やはり反対意見の方が多数見受けられた。

 とはいえ、歌う楽曲もAKBや乃木坂46と比べて従来のアイドルらしい楽曲が少なかったり、一切笑顔を見せないパフォーマンスが話題になるなど、独自の路線を進む欅坂。そのセンターである平手は欅坂の活動に全力取り組んでいるため、仮に運営から指示やゴーサインが出た場合にはあっさり坊主姿を披露するかもしれないのだ。

(石田安竹)