画像提供:マイナビニュース

写真拡大

アイドルグループ・NMB48の山本彩、白間美瑠、吉田朱里が26日、大阪・咲洲ホールで行われた「2025年大阪万国博覧会を実現する国会議員連盟総会及び万博誘致セミナー」にサプライズゲストとして登場した。

山本は「再び大阪、日本で万博が開かれるように、大阪、日本中をもっと笑顔にできるように、私たちの世代もできることを積極的に取り組んでいきたい」と意気込み、「8年後は30歳を超えるのですが、今から発信していくことが大事だと思うので、今の年齢層から下の世代にも発信していきたい」と力強くコメント。どのように関わりたいか聞かれると、「音楽は世界共通のもの。自分が作った歌を皆さんにも聞いてもらって、笑顔や元気になってもらいたい」と語った。

白間は「私は人を笑顔にするのが大好きで、笑わしたりすることも大好きです。8年後は28歳になるのですが、歌ったり、踊ったりで、みんなを笑顔にしたい」と宣言。吉田は「私は今、アイドルとしても、美容系YouTuberとしても活動させてもらっているので、もっと美容を追及して、それこそ溶けないコスメなども開発していけたら」とビジョンを明かした。

西川きよしとハイヒールも登壇し、誘致に向けてPR。きよしは、1970年の万博を振り返り、お祭り広場で横山やすしと漫才を披露したエピソードなどを語った。また、愛知万博ではAEDが登場し3人の命が救われたことなどを話し、「2025年の大阪万博ではどんなものが飛び出すのか期待したい。大阪の心を一つにして万博を呼び寄せて、大阪が世界のモデル地区になればいいと思います」と期待。さらに、「大阪は笑いの街です。大阪のやる気、熱意が届くといいですね!」と語りかけた。

ハイヒールのモモコは「2025年は一番下の子が大学を出る年なのですが、万博が来ると思ってペラペラになるよう英語を勉強させてます。3人共に何か関わる仕事をさせようと思っているので、来てもらわないと困る」とコメント。リンゴは「1970年の万博はかすかに覚えているのですが、人生で2回万博を経験できることは、こんなにうれしいことはないですし、あの時の気持ちの高揚というか、全然知らない外国人にサインちょうだいってもらって…。子供心に大阪が大都会になるというのが、世界とつながるのが嬉しかった」と当時の心境を伝えた。