画像提供:マイナビニュース

写真拡大

セガトイズは、家庭用プラネタリウム「HOMESTAR」をGear VRで楽しめるアプリ「ホームスターVR」を発表した。ポケットが、米Oculus社の運営するGear VR専用コンテンツストア「Oculus Store」にて、7月27日から配信を行っている。ダウンロード価格は790円(税込)。

ホームスターVRでは、3つのモードを用意する。「世界の星空タイムトラベル」は、地球上の好きな場所と日時を選択し、星空を見られるモード。これにより、ユーザーの誕生日や大切な記念日の星空などが楽しめる。「VR天体プラネタリウム」では、目の前にプラネタリウム空間が広がり、女性ナレーションによる星座や神話の解説とともに星を鑑賞できる。「満天の星空セレクション」では、風のせせらぎ、波の音、虫の声などの環境音をBGMに、ボリビアのウユニ湖やニュージーランドのテカポ湖など、世界の有名な星空スポットを巡りを体験可能だ。

HOMESTARは、セガトイズが2005年に発売した世界初の光学式家庭用プラネタリウム。監修は、プラネタリウム・クリエーターの大平貴之氏が行った。

(C)2017Pocket

(C)Ohira Tech

(C)SEGA TOYS