@AUTOCAR

写真拡大 (全6枚)

カリナン 脚はソフト

ニュルブルクリンクで、ロールス・ロイス・カリナンの撮影に成功した。

車体を大きく傾けてコーナーを抜ける姿から、高速性能テストの最中と考えられる。サスペンションは高級車らしく、いかにも柔らかい印象だ。


また、先日クラッシュテスト会場でカリナンが撮影されたことからも、開発作業はプレプロダクションの後期に入っていると予想される。

ライバルは、ベンテイガ

ブランド初の4WDモデルとなるカリナンは、2018年初頭にマーケットデビューするようだ。ライバルはもちろん、ラグジュアリーSUVセグメントの最高ランク車、ベントレー・ベンテイガである。


カリナンのエンジンは、ファントム搭載の6.8ℓV12が使用されると思われるが、まだ決定してはいない。また、BMW由来のプラグインハイブリッドを採用する可能性が残されているものの、ディーゼルエンジンについては否定されている。

ロールスのアルミニウム新アーキテクチャー

カリナンは、2018年からすべてのロールス・ロイスに使用されるアルミニウムアーキテクチャーを採用することになる。


スタイリングについては、ロールスのフラグシップ「ファントム」の血を引き継ぎ、角ばった姿になった。また、これまでに捉えられたスパイショットから、ゴーストやファントムのように、カリナンには後ろヒンジのリアドアが採用される予定だ。