エルサレム旧市街のアルアクサ・モスク付近に設置されていた柵などを運び出すトラック(2017年7月27日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ユダヤ教とイスラム教、双方の聖地があるエルサレム(Jerusalem)で、今月14日に発生した襲撃事件を受けて聖地に導入された新たな警戒措置にパレスチナ人らが反発し、抗議や衝突が激化している問題で、イスラエル警察は27日、今回の措置を全面的に取りやめたと発表した。

 ユダヤ教徒が「神殿の丘(Temple Mount)」と呼ぶ聖地は、イスラム教徒にとっても「ハラム・シャリーフ(Al-Haram Al-Sharif)」と呼ばれる聖地で、「アルアクサ・モスク(Al-Aqsa Mosque)」と「岩のドーム(Dome of the Rock)」がある。

 警察当局のルバ・サムリ(Luba Samri)広報担当はAFPに対し声明で「警察は警戒措置をハラム・シャリーフでテロ攻撃が起きた7月14日以前のものに戻した」と述べた。

 これを受けてアルアクサ・モスクを管理するワクフ(イスラム教宗教協議会)は、27日の午後からパレスチナ人たちが同モスクに礼拝のため戻るだろうとの見解を示し、報道陣に対して「午後の礼拝のためパレスチナ人たちにアルアクサ・モスクに入るよう求める」と述べた。

 聖地では25日に金属探知機が撤去された一方、イスラエルとイスラム教徒の間では緊迫した状態が2週間近くにわたって続いていた。
【翻訳編集】AFPBB News