プレミアムフライデーで海外旅行 増えた?減った?

写真拡大 (全3枚)

 プレミアムフライデーを活用して旅行をする人は増えたのか? DeNAトラベル(東京)は、プレミアムフライデー導入後の2017年2月から6月までの期間、1週間のうち金曜日に海外旅行へ出発する旅行者数のシェア率を調査し、プレミアムフライデー実施週とその前週で比較した。対象サービスは19:00〜23:59発の海外航空券(キャンセルは除く)、対象期間は2017年2月、3月、5月、6月(4月はG.W.の影響が出るため除いている)。

 プレミアムフライデー実施が公表された12月以降に予約された夜に出発する海外航空券の購入者数を調べたところ、導入が開始された2月は前週比112.6%とプレミアムフライデーを活用し旅行する人数の増加がみられたが、3月は85.7%と大幅にダウン。5月に入り111.3%と再度上昇し、持ち直しが見られたものの、祝日がない6月で100.5%とほぼ横這いの結果となっている。

 プレミアムフライデーがスタートし5カ月が経過。3月は年度末が影響したと推定されるが、5回目のプレミアムフライデーとなる6月で増加率が横這いとなった結果から、プレミアムフライデーを海外旅行需要を喚起しているとは言いがたいようだ。