「2050年までにサッカーの世界チャンピオンチームに勝てる、自律型ロボットのチームを作る」という目標から始まったロボカップでは、8つのカテゴリのサッカー競技があります。ロボカップ2017の会場内の特設サッカー場では、市販のロボットを使ってプログラミングの腕を競う「スタンダード(標準)プラットフォームリーグ」が行われ、コミカルな動きのロボットで来場者を大いに盛り上げていました。

リーグ - ロボカップサッカー | RoboCup2017 Nagoya Japan(ロボカップ2017)

https://www.robocup2017.org/leagues_football.html

ロボカップサッカーの「標準プラットフォームリーグ」と呼ばれるカテゴリ。ソフトバンクロボティクスのヒト型ロボット「NAO」を使ってサッカーを行います。



サッカー場でソフトウェアの調整に悩むエンジニア。ハードウェアは同一条件なので、ソフトウェアの腕を競い合う場と言えます。



標準プラットフォームリーグは5対5のチーム戦。



当然ながらNAOの動きには限界がありますが、ずっこけまくるNAOのコミカルな動きに会場は大きく沸いていました。



倒れても起き上がります。





起き上がれなかったNAOはフィールドの外へ。



試合終了まで白熱するロボカップサッカー・標準プラットフォームリーグの様子は以下のムービーで確認できます。

ヒト型ロボット「NAO」でサッカーする様子がカオスで笑える@ロボカップ2017 - YouTube

見事にゴールを決める様子は以下のムービーから。

ヒト型ロボットNAOが見事にシュートを決める様子@ロボカップ2017名古屋世界大会 - YouTube

ロボカップサッカー・標準プラットフォームリーグは、2017年7月30日(日)までポートメッセなごやで開催中のロボカップ2017名古屋世界大会の会場で観戦できます。