Kaspersky Free

セキュリティソフトを手がけるロシアKaspersky Labは25日、無料のアンチウイルスソフト「Kaspersky Free」を、全世界でリリースすると発表した。まずは、アメリカ、カナダ、多くのアジア太平洋諸国でリリースされ、その後、 9月にインド、香港、中東、アフリカ、トルコ、中南米、10月にヨーロッパ、日本、韓国、11月にベトナムとタイで利用可能になる。

「Kaspersky Free」は2016年にロシア、ウクライナ、ベラルーシ、中国、ノルウェー、スウェーデン、フィンランドでのテストを終え、結果が良好だったため、今回のリリースとなった。

機能面では、ファイルや電子メールのウイルスを検出し、自動更新や自己防衛も行う。フィッシングや感染したファイルからパソコンを守ることが可能。広告も表示されない。

有料版とは、ペアレンタルコントロール、オンライン決済保護、セキュア接続(VPN)などの機能で差別化を図るとしている。

発表資料
URL:https://www.kaspersky.com/blog/kaspersky-free-goes-global/17811/
2017/07/27