インターナショナル・チャンピオンズ・カップ、マンチェスター・シティ対レアル・マドリード。得点を喜ぶマンチェスター・シティの選手(2017年7月26日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】インターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)は26日、米ロサンゼルス(Los Angeles)で行われ、マンチェスター・シティ(Manchester City)が4-1でレアル・マドリード(Real Madrid)を撃破した。

 今夏は守備陣に多額の資金を投入しているシティだが、この日は後半に攻撃陣が4点をたたき込み、9万3000人の観客が詰めかけたロサンゼルス・メモリアル・コロシアム(Los Angeles Memorial Coliseum)で見事な勝利を収めた。

 レアルが優勢で進めていた試合は、後半7分にシティのニコラス・オタメンディ(Nicolas Otamendi)が先制点を押し込んだのをきっかけに展開が一変。畳み掛けるシティは同14分、ケビン・デ・ブルイネ(Kevin De Bruyne)のスルーパスに反応した途中出場のラヒーム・スターリング(Raheem Sterling)が追加点を決めた。

 その後も同22分にジョン・ストーンズ(John Stones)、同36分にはブラヒム・ディアス(Brahim Diaz)がネットを揺らしたシティは、失点をオスカル・ロドリゲス(Oscar Rodriguez)の1点に抑えた。
【翻訳編集】AFPBB News