『う』が付くものを食べるといいとされる『土用の丑の日』。この日はスーパーや飲食店などで大量のうなぎが売り出されます。

その一方で、絶滅危惧種に指定されている、ニホンウナギ。

貴重な食材にも関わらず、『土用の丑の日』の翌日には売れ残りの半額うなぎが陳列されている…なんて悲しい光景も。

うなぎ絶滅を止める救世主、現る!?

見た目そっくり蒲焼きやん!土用の丑の日はみんなでこれ食べればいいよ。これ…うなぎ絶滅を止められるんじゃ!?

「このままうなぎを食べ続けていいものなのか」と議論される中、うなぎ絶滅を止める救世主がいた!とネットがざわついています。

それは、一正蒲鉾『うな次郎』や、スギヨ『うな蒲ちゃん』など、魚のすり身で作られた『うなぎのかば焼き風』練りもの

私は早速、スーパーで半額になっていた、スギヨ『うな蒲ちゃん』をゲットしました。数百円でうなぎが食べられるなんて…!

タレのつや感、身の模様など、再現度はかなり高め。食卓に出されたら、疑いもなくうなぎだと思ってしまいそうです。

パッケージには、『骨なしふっくら食感』のうたい文句が。「そりゃ練りものだしな!」と、思わずツッコみます。

お皿に移し、500Wで1分20秒、レンジでチン。十分温まったら、ほかほかのご飯を器に盛って、『うなぎ風』を乗っけます。

仕上げに、付属のタレと山椒をかけて…

ジャーーーーン!!!

どうでしょうか。もう立派な『うな丼』にしか見えません。

さらに、箸で持ち上げて近くで見てみると、ちゃんと身の裏には皮が再現されているではないですか!スギヨさん、芸が細かい!

肝心のお味はというと…

なんとなく、それっぽい…!!

本物に比べるとしっとり感はどうしても落ちますが、肉厚で、食べ応えがあります。また、魚のすり身なので臭みもなく、とてもおいしかったです。

子どもや、うなぎの土臭さが苦手という人には特におすすめ。

2017年の『土用の丑の日』は、7月25日と8月6日。うなぎが食べたくなったら、気軽に試してみる価値ありですよ!

[文・構成/grape編集部]