「Q〜こどものための哲学〜」で登場人物の声を務める本田翼

写真拡大 (全2枚)

 NHK Eテレの子ども向け哲学番組「Q〜こどものための哲学〜」試写会および出演者会見が27日、東京都内で行われ、登場人物の声を務める本田翼、ガッツ石松が出席した。

 本番組は、子どもの頃に誰もが抱く素朴な問いに寄り添い、じっくりと対話をしながら自分なりの答えを見つけていく15分の人形劇。少年Qくん(本田)が日常の中でふと抱く「カッコイイってどういうこと?」「死んだらどうなるの?」といった疑問を、ぬいぐるみのチッチ(石松)と対話しながら納得できる答えを導き出していく。

 試写会では第2話「カッコイイってどういうこと?」がお披露目され、本田自身の答えは「私は、そうですね…えっと、足が速い人ー!です」とQくんになりきって回答。対する石松は「私はよく若者に『青春とはなんぞや?』と聞く。青春って、何も考えないことだと思う。だから何も考えないことがカッコイイことじゃないでしょうか」と答え、会場をうならせた。

 番組は夏休みに5話、冬休みに5話を放送予定で、本田は「哲学をかみ砕いてかみ砕いて伝える内容。哲学という言葉を知らないうちから学べるのはすごいことだと思う。私もQくんと一緒に学んだ気持ちです」と充実感。石松も「長い間芸能界でお仕事をさせてもらっていますけど、人形劇というのは初めてだと思う。自分でも戸惑っているくらいで。皆さんに受け入れてもらえるかなと頑張っているところ」と意気込みを語った。

 番組は8月14日〜18日の午前9時から毎日オンエア。冬休みは12月放送予定。