「死んでこそ生きる男」チェ・ミンス&カン・イェウォン、最悪な親子の再会

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
チェ・ミンスとカン・イェウォンが劇的な再会を果たした。

韓国で26日に放送されたMBC「死んでこそ生きる男」では、クラブで顔を合わせるパド伯爵(チェ・ミンス) とジヨン(カン・イェウォン) 親子の再会が描かれた。

この日、ジヨンはホリム(シン・ソンロク) に対する怒りでクラブを訪れた。ジヨンはホリムとの電話中に先に電話を切ることで勝利を味わった。

その時、パド伯爵はナンパをしていたが、ミラン(ペ・ヘソン) の妨害で成功できなかった。

ミランの連れはジヨン。ミランはパド伯爵と二人だけの時間を過ごすために、ジヨンを無理やり帰宅させようとしたが、泥酔した親子の再会は防げなかった。泥酔したジヨンは、勝手にパドの車に乗ったのだ。