【先ヨミ】Hey!Say!JUMP 初のべストAL、20万枚超を売上げ断トツ首位

写真拡大

 今週のCDアルバム売上レポートから7月24日〜7月26日の集計が明らかとなり、Hey!Say!JUMPの『Hey!Say!JUMP 2007-2017 I/O』が、208,645枚を売り上げ首位を独走していることがわかった。

 『Hey!Say!JUMP 2007-2017 I/O』は、2017年11月に10周年を迎えるHey!Say!JUMP初のベスト・アルバム。今作は、“I/O”(インプットアウトプット)をテーマにしており、デビュー・シングル『Ultra Music Power』から、2017年2月にリリースされたシングル『OVER THE TOP』まで計23作のシングル曲を収録。初動3日間で208,645枚を売上げた本作は、2位以下に大きく差を付けており、次週発表の週間結果でも1位は固いと思われる。

 続く2位は、2PMのメンバー・JUNHOの『2017 S/S』。本作は、2013年から毎年夏にソロ・プロジェクトを手掛けてきたJUNHOの第5弾となるミニ・アルバムで、現在36,102枚を売り上げ3位に約15,000枚差をつけている。また、3位に入った欅坂46の1stアルバム『真っ白なものは汚したくなる』は、リリースから2週目にして2万枚近くを売り上げており、発売以来の累計は297,034枚で30万枚目前となっている。


◎Billboard JAPANアルバムセールス集計速報
(2017年7月24日〜7月26日までの集計)
1位『Hey!Say!JUMP 2007-2017 I/O』Hey!Say!JUMP 208,645枚
2位『2017 S/S』JUNHO(From 2PM) 36,102枚
3位『真っ白なものは汚したくなる』欅坂46 19,133枚
4位『Cherry Passport』小倉唯 8,944枚
5位『they go,Where?』OLDCODEX 7,099枚
※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。