27日、中国のポータルサイト・今日頭条に、訪日中国人の安全問題が相次いで発生しているにもかかわらず、多くの中国人が日本へ旅行に行く理由について分析する記事が掲載された。資料写真。

写真拡大

2017年7月27日、中国のポータルサイト・今日頭条に、訪日中国人の安全問題が相次いで発生しているにもかかわらず、多くの中国人が日本へ旅行に行く理由について分析する記事が掲載された。

ここ数日で、日本では相次いで訪日中国人の安全問題が発生した。1つは中国人姉妹が殺害された事件、もう一つは女性教師が北海道を旅行中に行方不明になった事件だ。

記事は2007年以来、日本に対して良い印象を抱いていない人の割合は増える一方なのに、中国人の日本旅行熱は冷めるところを知らず、2014年には訪日中国人数が220万人を突破、前年比で82%も上昇したと指摘した。

この理由について記事は、距離的な近さにあると分析。実際、北京から広東省の深セン市へ行くのと東京へ行くのとでは、時間的には大差がない。

その上、日本語の文字には漢字が使用されているので、読めなくても意味は分かることも理由の1つだと分析。そのため、英語圏に行くよりは日本へ行った方が何かと便利だという。

さらに、多くの中国人は日本に関する情報に最初に接するのが愛国主義的な映画・ドラマや学校の教科書であるため、教わった日本ではなく真実の日本を知りたいという思いから訪日する人もいるという。他にも、日本製品の質の高さから買い物目的の人も今だに少なくないとした。(翻訳・編集/山中)