「2050年までにサッカーの世界チャンピオンチームに勝てる、自律型ロボットのチームを作る」という目標から始まったロボカップの華と言えばやはり「ロボカップサッカー」。ロボカップ2017の会場内の特設サッカー場では、ロボットの大きさごとに各種リーグ戦が行われていました。もっとも小さな「小型リーグ」の試合では、人間顔負けのフォーメーションプレーが活用されています。

リーグ - ロボカップサッカー | RoboCup2017 Nagoya Japan(ロボカップ2017)

https://www.robocup2017.org/leagues_football.html

ロボカップサッカー小型リーグのフィールドは、長さ9メートル×幅6メートルのカーペット。



6対6のチーム戦。ボールはゴルフボールが使われています。



ロボットは直径18センチメートル、高さ15センチメートル以下。



前方のオレンジ色の部分でボールをはじき飛ばすように蹴ります。



ロボットはコントローラーで操作するのではなく、それぞれが自律的に判断して動きます。



天面の模様とゼッケンでロボットを見分けることが可能。





フィールドの上4カ所に設置されたカメラの映像は、ロボットがビジョンシステムとして認識するとのこと。



審判のジャッジの情報もチームから無線でロボットに伝えられます。



このような棒でボールを覆うことで、セットプレーがなされます。



ロボットが自律的にプレーしているとは信じられない連係プレーは、以下のムービーで確認できます。

パスありプレスありの「ロボカップサッカー・小型リーグ」の見事な連携プレー@ロボカップ2017 - YouTube

単にボールに集まるのではなく、相手の配置もみつつはげしくポジション争いしています。拮抗しているので、なかなかゴールが決まらないほど。



人間のサッカーと同様に、セットプレーからチャンスが生まれることが多いようです。

コーナーキックから見事にゴールを決める「ロボカップサッカー・小型リーグ」@ロボカップ2017 - YouTube

小さなマシンが驚くほどクイックに走りまわってボールの奪い合いをする様子は見応え十分。すでにゴルフボールを使ったサッカーでは人間を凌ぐレベルに到達しているかもしれません。