80年代に大ブームに!夏のチョメチョメ三大聖地といえば?

写真拡大

 今の時代、夏とくれば、海なら「沖縄」、森なら「軽井沢」、ナンパするなら「恵比寿横町」あたりが定番の人気スポットなのではなかろうか。しかし! 30年以上も前、バブル前夜を駆け抜けた若者たちにとっての憧れの地“三大summer聖地”とは、間違いなく「与論島」「清里」「新島」であった。

 「海」の与論島は、鹿児島県に属してはいるものの、奄美群島のなかではもっとも沖縄県に近い、面積約20平方キロメートルの島である

 60年代には「日本最南端の楽園」「日本のハワイ、もしくはグアム」などの宣伝文句が売りとなり、多くの観光客が訪れたという。だが、1972年に沖縄がアメリカから返還されると、沖縄県内の観光開発が本格化。また、石垣島に航空機が就航したころから、与論島は「南の最果て」としてのお株を奪われ、客足も遠のいていった。

 こうした状況に対応し、与論島では官民一体となるさまざまな観光振興への取り組みが成され、その一つが「若者客へのアピール」であった。お土産のペナントはポップにデザインされ、いかにも10〜20代の男女が喜びそうなトロピカルスタイルのショップや飲食店、そして「スカイラブ」「エデン」「サザンクロス」といったディスコが建ち並び、やがて島内のオンシーズンは「海に囲まれた東京」と化していく。

 交通手段は、飛行機で那覇もしくは鹿児島に行き、そこからフェリーが一般的。長時間閉じ込められた船内で(那覇から約5時間、鹿児島からだと約20時間)、早くも数組のニューカップルができあがっていたそう。

 そんななか、利害が一致するウィンウィンの関係で暗躍したのが「学生ツアー」だ。読んで字のごとく「学生が主催するツアー」のことだが、しょせん半素人でしかないツアースタッフは、平気で片っ端から女性客に手を出し、男女の諍いやトラブルも続出だった……とも聞く。が、ツアー内では絶対的な権力者であったスタッフとのアバンチュールを、女性側も秘かに期待していたフシも見られ、酒池肉林を夢見るギラギラの大学生が仕切る有象無象の「与論ツアー」が雨後の竹の子のごとく誕生したのであった。

 対する“森”の清里は、山梨県北杜市周辺に広がる高原地帯のことをいう。八ヶ岳の南東麓にあって、避暑地としてだけではなく、スキーや登山にも便利な観光地だ。

 70年代後半ごろから『an・an』や『non-no』に代表される女性誌が大々的にフィーチャリングしたことにより、いわゆる「アンノン族」が大挙して押し寄せ、空前の「清里ブーム」が巻き起こる。

 「高原の原宿」とも呼ばれていた80年代の清里を、いくつかのキーワードで表現するならば「ふぁんし〜(ファンシー)」「めるひぇん(メルヘン)」「デコラティブ」「過剰」……といったところだろうか。けばけばしいカラーリングに彩られた、キッチュなフォルムのショップ(タレントショップもたくさんあった)や、平仮名のネーミングも厭わないペンションが乱立し、そこは「原宿」というより、まるで「ディズニーランド」の世界。巨大なミルクポットだとか水玉模様の(毒)キノコ風の店舗エントランスなど正常な人間の平衡感覚を狂わせかねない奇異なオブジェが目白押しで、現在はそのほとんどが廃墟と化している。

 こういった「わかりやすくキャッチー」な、夏でも涼しいトレンドスポットに熱い視線を注いだのが、当時、爆発的な勢いで増殖していたテニスサークルである。かわいらしいペンションに宿泊し、3時間くらい適当にテニスをこなして、膨大な“自由時間”中に清里のファンシー&メルヘンを散策する……。さらにはサークル内で愛を育んできたカップルが夜、そっと部屋から抜け出して、プラネタリウムのようなお星さまを眺めながら××(「チョメチョメ」と読む)……。

 あのころのテニスサークルにとって「清里合宿」の看板は、まさにテッパンのキラーコンテンツであり、はっきり言ってしまえば「テニスの上手い下手」より「何十人もの会員を引き連れて、女子受けするペンションをリザーブし、清里を満喫し尽くせるタイムテーブルを組めるだけの企画力」こそが、サークルの明暗を分けるセールスポイントであったのだ。

 そして、与論島に行く経済力がなく、サークルにも入り損ねたバブル前夜のサッドな大学生たちが目指したのは、東京からは比較的身近な伊豆諸島に属する新島だ。

 別名「ナンパ島」。どういう経緯でそうなったのかは定かじゃないが、当時は「処女捨て島」なんて異名さえ轟き、「朝方、新島の海が処女の血で赤く染まった」「大量のコンドームが白波に揺れている」ほか、怪しい伝説の数々が、遊びたい盛りな若者たちの平常心を大いに掻き乱したのである。

 その後、これらの三大聖地はバブル崩壊とともに、フェードアウトしていったわけだが、21世紀に入ってからは「観光客で混雑しなさそうな穴場スポット」として徐々に復興の兆しを見せている。

文/山田ゴメス