エイサーの4万円MRヘッドセットが予約再開、即完売。出荷は8月28日から
日本エイサーが、5月末に休止していた Windows Mixed Reality Headset デベロッパーエディションの予約受付を再開しました。しかし今回も購入希望者が殺到し、開始10分後には完売する2コマ漫画的展開になっています。



『Acer WIndows Mixed Reality Headset デベロッパーエディション』は、マイクロソフトの複合現実コンピューティングプラットフォーム Windows Mixed Reality に対応するヘッドセット。

開発者向けながらMR / VR ヘッドセットとしては安価な4万円という価格もあり、5月に予約受付を開始したものの、「当社の予想を上回る反響と予約台数を鑑み、発売に合わせてご予約いただきましたすべてのお客様に商品をお届けできる十分な供給体制を確保するため」5月末で予約受付を一時休止していました。

今回、ようやく在庫が確保できたのか日本国内向けの予約受付を再開する運びとなりましたが、27日昼12時に受付を開始して10分後には公式から完売の告知。前回に輪をかけた瞬殺でした。
出荷時期については、前回と今回の予約受付分をあわせて、8月28日から順次出荷する予定を明らかにしています。



Mixed Reality ヘッドセットの仕様はこちら。1440 x ステレオ2眼、視野角水平95度、PCとはHDMI 2.0 および USB 3.0で有線接続。

前面に広角カメラを2つ搭載し、画像認識ベースで頭部位置をトラッキングする Inside Out 式トラッキングに対応する点が特徴です。