結成5周年のフィフス・ハーモニー、新体制初のアルバムをリリース

写真拡大

フィフス・ハーモニーのニューアルバム『フィフス・ハーモニー』の国内盤が、9月13日(水)にリリースされる。

◆フィフス・ハーモニー メッセージ動画

2012年にオーディション番組で結成され、本日2017年7月27日をもって結成5周年を迎えたフィフス・ハーモニー。3作目にして初のセルフタイトルとなる同新作は、2016年12月のカミラ・カベロ脱退後、新たな4人体制となって初めてのアルバム。本人たちが楽曲制作に一から関わり、スクリレックスやプー・ベア、動画再生数16億回超を誇る彼女たちの最大のヒット曲「ワーク・フロム・ホーム feat.タイ・ダラー・サイン」を手掛けたアモ&ダラスケイ、ドリームラヴ(ニッキー・ミナージュ他)、ハーモニー・サミュエルズ(アリアナ・グランデ他)、セバスチャン・コール(アレッシア・カーラ他)ら豪華プロデューサー陣が参加しているという期待作だ。

メンバーのノーマニは、今作の制作過程を振り返り「今回のアルバムは本当に楽しみにしているの。初めて直接一から全部作ったしね、プロデューサーやソングライターたちと。同時進行で2つセッションがあったのよ。私とローレンが一緒に曲を書いて、それからアリーとダイナが一緒に曲を書いて、後で相手を交換するの。そうするとクリエイティヴにならざるを得ないのよ。お互いに対するチャレンジでもあったわ。自分の芸術性には必ずしも存在しないかも知れないものをピックアップしたりして。プロデューサーはDOPE(最高)だったわ」とコメント。

また、ダイナは「今までの作品と今回の違いは、間違いなく今までよりも成熟したってことが聴いて分かることね、この新しい時代に。ヴォーカル的にもベストな状態が出せたと思う。それから、今までで一番ハーモニーが豊かなアルバムだと思うわ。勿論お互いが強みを競い合っているしね、特にハーモニーの部分で。私たちは『Xファクター』から始まって、その当時に抱えていたソウルがあるんだけど、それから今までの軌跡の中でそのソウルを再び見いだしたような気がする。それを見いだすこと自体がすごくエキサイティングなことだと思うし、ましてやようやくそれを届けることができるなんてね。私にとってはそれが一番ワクワクする点よ」、ローレンも「今回はコーラス・ワークを自分たちで考えたの。だから今まで以上に歌詞的にも音的にも自分たちへの結びつきを感じるわ。グループとしてね。フィフス・ハーモニーのサウンドに辿り着いた気がするの。それぞれのインスピレーションや強みを組み合わせてこの新作を作ったのよ」と、グループとしての成長や新たな一歩について語っている。

なお本日、彼女たちの日本公式Twitterアカウントでは結成5周年を記念して、日本のハーモナイザー(ファン)へのメッセージ動画が公開となった。フィフス・ハーモニーは新作の日本盤リリースに先立ち、9月2日(土)に千葉・幕張メッセにて開催される<RockCorps supported by JT 2017>のセレブレーション(ライブイベント)に出演することも決定している。

■リリース情報
サードアルバム『フィフス・ハーモニー』
2017年9月13日(水)発売
SICP-5605 2,200円+税
※初回特典(予定)
※詳細は追って発表

[配信・輸入盤CD]
2017年8月25日(金)発売

シングル「ダウン feat. グッチ・メイン」
2017年6月2日(金)配信開始
iTunes購入先:
https://itunes.apple.com/jp/album/id1241023374?app=itunes&ls=1

<RockCorps supported by JT 2017>
[ライブイベント“セレブレーション”]
2017年9月2日(土) 千葉・幕張メッセ
開場 12:00 開演 13:00 終了 17:00(予定)
※開催時間は変更になる可能性がございます

参加資格:「RockCorps supported by JT」が実施するボランティアイベントに参加した方
席種:アリーナ(立ち見)

出演アーティスト:
フィフス・ハーモニー
miwa
SPYAIR
androp

ボランティア詳細、応募方法: http://rockcorps.yahoo.co.jp

関連リンク
◆フィフス・ハーモニー・レーベル・サイト
◆フィフス・ハーモニー・オフィシャル・サイト