米ウィ―ワーク、中国法人設立へ ソフトバンクなど総額5億ドル出資

写真拡大

[香港 27日 ロイター] - 共有オフィス運営会社の米ウィーワークは27日、共有オフィスへの需要が急増している中国に現地法人を設立する計画を発表した。

中国のプライベートエクイティ(PE)会社大手の弘毅投資とソフトバンクグループが中心となり、中国法人ウィーワーク・チャイナに総額5億ドルを出資する。

ウィーワークのアダム・ニューマン最高経営責任者(CEO)によると、中国法人は調達資金をもとに、今後半年から1年の間に、すでに拠点のある北京と上海以外の少なくとも5つの大都市に進出する計画という。