乃木坂46

 乃木坂46が歌唱を務める、米国映画『ワンダーウーマン』のイメージソング「女は一人じゃ眠れない」の衣装が公開された。赤いトップスに青のデニムスカート、そしてスカートのウエスト部分にはワンダーウーマンの「W」のマークが施されているデザインになっている。メンバーの白石麻衣は「今までの乃木坂46にはなかった力強さを感じます」と述べている。

 今回公開された衣装は、米国映画『ワンダーウーマン』(8月25日公開)のイメージソング「女は一人じゃ眠れない」を乃木坂46が担当したことによって、コラボ衣装が制作された。

 乃木坂46が衣装やMVを映画とのコラボレーションで制作するのは初の試みで、今回お披露目された衣装は、ガル・ガドット演じるワンダーウーマンのコスチュームをイメージして制作された。ワンダーウーマンと言えば上が赤、下は青色のコスチュームが印象的だが、コラボ衣装もそのカラーを反映して制作。

ワンダーウーマンポーズをおこなった左上から白石麻衣、西野七瀬、右下から衛藤美彩、堀未央奈、秋元真夏

 さらに腕を前でクロスさせる“ワンダーウーマンポーズ”を取った白石麻衣、西野七瀬、秋元真夏、堀未央奈、衛藤美彩のビジュアルも公開された。衣装は細かいディテールにもこだわってデザインされており、スカートのウエスト部分にはワンダーウーマンの「W」のマークが施されている。メンバーの白石は「ウエストにワンダーウーマンのマーク『W』が入っているのがとてもかっこいいし、背筋が伸びる思いです。スカートはデニム生地を使っていて、今までの乃木坂46にはなかった力強さを感じます」と明かし、乃木坂46の新たな一面を見せた衣装になったようだ。

 ワンダーウーマンが持つ力強さや赤と青のイメージと、乃木坂46らしい可愛らしい女性らしさが見事に融合したデザインを手がけた衣装デザイナーの林田淳也氏は「ワンダーウーマンの強さと象徴的なカラーリングはそのままに、乃木坂46が持つ、『女性らしさ・上品さ』を落とし込み、その中で制服感と強さを兼ね備えている生地を選びデザインをおこしました」と、それぞれの要素をうまく取り入れて制作したことを語っている。

 実際に衣装を着た乃木坂46を見た林田氏は「実際に衣装を着た彼女たちを見たとき、彼女たちの上品さと芯の強さが見えてきました。ワンダーウーマンと乃木坂46の融合で、お互いの共通点でもある高貴な品性を感じました」と納得の様子。

 堀未も「ワンダーウーマンは本当にかっこよかった。そして、この衣装はワンダーウーマンをイメージした衣装なので、この衣装を着る事ができて、本当に嬉しい。そして、自然とやる気が湧き上がってきます!」と喜びのコメントをしている。

 なお、乃木坂46が歌うイメージソング「女は一人じゃ眠れない」のミュージックビデオは『ワンダーウーマン』公式HPと乃木坂46のオフィシャルホームページで公開している。