メッシやネイマールらのプレーに言及したモウリーニョ監督

写真拡大

[7.26 ICC バルセロナ1-0マンチェスター・U]

 インターナショナル・チャンピオンズ杯のアメリカラウンドが26日に行われ、マンチェスター・ユナイテッドはバルセロナに0-1で敗れた。試合後、ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は「プレシーズン中の試合で負けるのは非常に重要だ」と語ったほか、「唯一無二の存在」と語る各クラブのエースたちに言及した。クラブ公式サイトが伝えている。

 指揮官はバルサ戦を終え、「負けるのは好ましくはない。だが、それは非常に大事なことでもある」と説く。

「レアル・マドリー、バルセロナ、マンチェスター・シティのようなチームと対戦して、無敗でアメリカを去るのはチームにとって非常に良くない。全ての試合に勝ってホームに戻るのは良いこととは言えない。試合に負けて良い面もある。今日の試合では非常に良かった部分と、非常に悪かった部分とがある。良かった点はこれからも継続し、悪かった点は改善する」。

 またモウリーニョ監督はFWリオネル・メッシやFWネイマールら世界のそうそうたる選手たちのプレーに言及。そのなかでFWポール・ポグバがユナイテッドで唯一、そのレベルに匹敵すると指摘した。

「メッシもネイマールも、唯一無二の存在。彼らは2人しか存在しない。ルイス・スアレス、アンドレス・イニエスタ、クリスティアーノ・ロナウド、ガレス・ベイル、ルカ・モドリッチ、トニ・クロースも唯一無二の存在。彼らはひとつのクラブでのみ見られる存在だ」

「我々に彼らのような選手はいないが、戦術を改善し、選手のレベルを高めることはできる。しかし、特別な選手は存在するもので、彼らに対応する方法はない。公式戦では、特定の組織的な戦術を用いて差を埋めることはできる。そして試合に勝つことだって可能だ。フットボールでは、特別な存在の集合体に対して、チームとして勝ることも可能だ」

「それでも、彼らは特別で、素晴らしい。ボールの扱い方が信じられないくらい素晴らしい。スペースの占有率、戦術、コンパクトなブロックなどの議論は可能だが、ボールの扱い方が何よりも重要なんだ」

「対戦相手の私でさえ、ベンチから彼らのボールの扱い方を見ていて美しいと思える。今日の試合で彼らと同等だったチームの選手は、ポール・ポグバだけだ。彼は、彼らと同じレベルにいる」


●プレミアリーグ2017-18特集