27日、パナマ国営テレビによると、パナマ政府は25日、中国に大使館を設立すると発表した。写真は6月13日、北京で国交樹立の共同声明に署名する中国の王毅外相とパナマのサインマロ副大統領兼外相。

写真拡大

2017年7月27日、パナマ国営テレビによると、パナマ政府は25日、中国に大使館を設立すると発表した。パナマのバレーラ大統領は10月、訪中する見通し。環球時報(電子版)が伝えた。

中国に現在あるパナマの代表事務所によると、大使はまだ決まっていない。大使館業務を代行する同事務所を昇格させる形で大使館を開くという。パナマ外務省は25日に声明を発表。中国とパナマの外交関係構築の基礎ができたとした。

中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道局長は26日、7月13日にパナマの駐中国代表事務所を大使館に昇格させる手続きを終了したと発表した。同事務所は、各種の手続きに時間がかかり、発表が遅れたと説明した。大使館は、5人で運営をスタートする。

一方、台湾の今日新聞網によると、台湾とパナマは今月12日、断交を受けて双方の大使館を閉鎖。協力や協議も中止したという。(翻訳・編集/大宮)