台湾・台東に新名所  クマノミの種類が世界最多の「海洋夢想館」開館

写真拡大 (全2枚)

(台東 27日 中央社)クマノミの人工繁殖技術が世界でもトップレベルとされる行政院(内閣)農業委員会水産試験所の東部海洋生物研究センター(台東県)所管だった「小丑魚主題館」(クマノミテーマ館)が、26日、民間委託の水族館「海洋夢想館」として再スタートを切った。

同館には100種以上の海洋生物が展示されており、うち、観賞魚(30種以上)とクマノミ(全28種中16種)のいずれも、世界最多を誇るという。

チケット上のQRコードをスキャンし、キャラクターとして設定された人魚のファミリーから一つ選ぶと、それが人魚のホログラムと結合して壁に浮かび上がる仕掛けによって楽しく見学できる。また、地元のアーティストとのコラボで芸術的な要素も取り入れ、さまざまな角度から台東の海の魅力を感じることができるという。

(盧太城/編集:塚越西穂)