国際宇宙ステーション船外でα7S IIが民生用カメラとして世界初となる4K映像の撮影に成功

写真拡大

ソニーの発表によると、同社のフルサイズミラーレス一眼カメラ「α7S II」が、国際宇宙ステーション(以下:ISS)の船外で4K(QFHD 3840×2160)映像の撮影に民生用カメラとして世界で初めて成功したという。

映像では、雪に覆われた峰々の凹凸や、大都市圏の街明かり、色調の違いまでを鮮明に捉えた宇宙からの日本列島の昼と夜の姿がとらえられている

α7S IIは、ISSの「きぼう」日本実験棟に設置された、新たな船外プラットフォーム用カメラシステムの内蔵カメラとして使われている。宇宙航空研究開発機構(JAXA)によって行われたさまざまなカメラの検証試験の結果、高真空・宇宙放射線・急激な温度変化など、宇宙ならではの過酷な環境に耐えうる耐久性と信頼性をα7S IIが保持することが確認され、採用にいたった。

α7S IIは、種子島宇宙センターから2016年12月9日に打ち上げられたISS補給機「こうのとり」6号機によって運ばれたのち、2017年2月8日に「きぼう」の船外実験プラットフォームに設置。現在も約90分ごとに地球を1周しながら約400キロの上空で4K映像や静止画の撮影を行っている。

ISSにおけるα7S IIの取り付け位置(画像提供:JAXA / NASA)

ISSの船外で撮影された4K映像は、αユニバース公式サイトでも公開されており、αユニバースの英語版サイトには米国東海岸の映像も掲載している。

■αユニバース公式サイト

日本語
英語