「ゆるくてオモロイ移住プロジェクト」の会見にせんとくんのモノマネで登場したガリットチュウ福島善成(右)とマツコのモノマネをする北条ふとし

写真拡大

 お笑いコンビ「ガリットチュウ」の福島善成(39)らモノマネ芸人が27日、所属する吉本興業の「ゆるくてオモロイ移住プロジェクト」の都内で行われた概要発表会見にゲスト出演した。

 福島は、離婚騒動渦中にある俳優の船越英一郎(57)のモノマネがSNS上で話題となっており、この日も多くの取材陣が詰めかけた。しかし、宮城・栗原市への移住を薦めるイベントで扮したのは、奈良・平城遷都1300年の公式マスコット・せんとくん。吉本によれば「ネタは本人に任せた」そうだが、「自粛したのか」という問いかけには、「常に研究しているんですが、最近はYouTubeを見るのにもものすごくエネルギーがいるので見られなくなってきた」と苦笑いで釈明した。

 船越のネタで「特需です。テレビの仕事を何本かもらえるようになった」とその効果は認めつつ、会見では「僕も栗原市でワークショップを開いて、松居棒を作ろうと思っています。これ(せんとくんのシカの角)でも作れます」と、松居一代(60)が開発した掃除用具をネタにしたが不発。マツコ・デラックス(44)のモノマネで知られる北条ふとし(40)に、「(福島が船越をやる)だから呼ばれたと思っていたのに。これ以上聞いても、広がらないわよ」と喝破されていた。