フェレールが勝ち上がり、ベルダスコはベセリ相手に惜敗 [ドイツ・テニス選手権]

写真拡大

 ドイツ・ハンブルクで開催されている「ドイツ・テニス選手権」(ATP500/7月24〜30日/賞金総額149万9940ユーロ/クレーコート)のシングルス1回戦で、第8シードのダビド・フェレール(スペイン)がニコラス・バジラシビリ(グルジア)を6-2 3-6 6-3で下した。

「非常にタフな試合だったが、自分のプレーぶりをうれしく思う。いい形で第1セットを始め、第2セットは疲れが出たが、それ以上に相手がいいプレーをし、ウィナーを叩き込んできた。第3セットは5-1となったが、実際にはスコア以上にずっと競った試合だった」と試合後、フェレールは話した。

 前日にセットオールとなったところで雨天順延となった第7シードのフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)対イリ・ベセリ(チェコ)の試合は、7-6(7) 6-7(0) 6-3でベセリに軍配が上がった。

 アルヤズ・ベデネ(イギリス)は、ホセ・エルナンデス フェルナンデス(ドミニカ共和国)を6-1 6-2で退けた。

 また同日行われた2回戦では、フロリアン・マイヤー(ドイツ)がアンドレイ・クズネツォフ(ロシア)を6-3 4-6 6-4で下し、地元ファンの期待に応えた。反対にやはり地元選手のセドリック マルセル・ステッベ(ドイツ)は、第6シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を相手に6-1で第1セットを取りながら、続く2セットを4-6 2-6で落とし、逆転負けを喫した。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は「ドイツ・テニス選手権」の1回戦を勝ち上がったダビド・フェレール(スペイン)(写真◎Getty Images/ウィンブルドンで撮影)
Photo: LONDON, ENGLAND - JULY 08: David Ferrer of Spain plays a backhand during the Gentlemen's Singles third round match against Tomas Berdych of The Czech Republic on day six of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 8, 2017 in London, England. (Photo by Julian Finney/Getty Images)