厳選した茶葉を使った緑茶と旬のフルーツを活かしたドリンクや甘未が楽しめるカフェ「TEA & FRUITS STAND」

写真拡大

六本木ヒルズ展望台 東京シティビューでは、毎秋恒例の企画「TOKYO CITY VIEW LOUNGE」を2017年は夏から開催する。

【写真を見る】フィットネスブランド「リーボック」がプロデュースするヨガイベントをスカイデッキで初開催

今年は、海抜250mの六本木ヒルズ森タワー52階屋内展望回廊に畳のスペースができ、"和モダンな寛ぎの空間"が初登場。また、野点傘や和畳の椅子を配した空間で、厳選した茶葉を使った緑茶と旬のフルーツを活かしたドリンクや甘未が楽しめるカフェ「TEA & FRUITS STAND」も限定オープン。

そして、海抜270m、オープンエア形式の展望施設としては関東随一の高さを誇る屋上"都内で最も空に近い場所"「スカイデッキ」では、フィットネスブランド「リーボック」がプロデュースするヨガイベントを初開催。360°目の前に広がるパノラマ夜景、見上げると星空という絶好のロケーションで、心地よい風に吹かれながらリフレッシュタイムを過ごすことができる。

さらに、近郊の花火やお祭り帰り、夏の夜をゆっくり楽しむことができるよう、8月27日(日)まで、屋上スカイデッキの営業時間を22:00まで延長するほか、浴衣で来場した人にはスカイデッキ入場料(一般500円)が無料になるキャンペーンを実施する。

この他にも、52階「東京シティビュー スーベニアショップ」や3階「アート&デザインストア」では金魚をあしらった夏らしいお土産品や34人の陶芸家による「蚊遣り豚」の展示、その他「六本木天文クラブ」の伝統的七夕特別星空観察会など、様々なイベントが盛りだくさん。

夏は、昼も夜も六本木ヒルズ展望台 シティビューでゆっくりとした時間を過ごしてみてはいかが?【ウォーカープラス編集部/オオツカナナ】