by Jon Russell

世界最大級のビットコイン(Bitcoin)取引所であり、歴史もある「BTC-e」が「予定外のメンテナンス」として2017年7月25日夜にシャットダウンしたままになっているのですが、その関係者であると目されるロシア人の男が、マネーロンダリングの容疑で逮捕されたことが報じられています。

BTC-e Connected to Bitcoin Money Laundering Arrest in Greece - CoinDesk

https://www.coindesk.com/btc-e-connected-bitcoin-money-laundering-arrest-greece/



Greece arrests Russian suspected of running $4 billion bitcoin laundering ring

http://www.reuters.com/article/us-greece-russia-arrest-idUSKBN1AB1OP

7月26日にギリシャで逮捕されたのはアレクサンダー・ビニック容疑者(38)。カリフォルニア州が2017年1月に逮捕状を発行していました。

警察の発表によると、ビニック容疑者はBTC-eが設立された2011年以来、少なくとも40億ドル(約4440億円)のマネーロンダリングに関わった疑いがあります。匿名のBTC-e関係者は、ビニック容疑者がBTC-eのキーパーソンであることを認めており、2017年7月25日夜からBTC-eが「技術的問題」でシャットダウンしていることとも関連があるとみられています。





ビットコインに関する情報を扱うWizSecは、2014年に発生したビットコイン取引所「Mt.Gox」から行方不明になったビットコインについても、ビニック容疑者らが関与していると指摘しています。

WizSec: Breaking open the MtGox case, part 1

http://blog.wizsec.jp/2017/07/breaking-open-mtgox-1.html

WizSecが盗み出されたビットコインの流れを図示しています。流れは左から右へ向かっており、左で青いラベルのついている部分がMt.Gox、右でオレンジ色のラベルの部分がBTC-eです。

wizsec.jp/images/theft_flow.svg

http://wizsec.jp/images/theft_flow.svg



ビットコインの特徴は、その移動(決済)記録を積み重ねたブロックチェーンという仕組みにあり、ビニック容疑者の場合はBTC-eとの繋がり、そしてMt.Goxの一件との繋がりも芋づる式に発覚したというわけです。

なお、取引所であるBTC-e自体がMt.Goxの件やマネーロンダリングに関与していたのかどうかは、現時点では不明です。