▲玉ねぎの甘味が溶け込む上品なスープ。アツアツを召し上がれ!

写真拡大 (全4枚)

あの有名店の味を自宅で再現してみよう!ということで、今回は「ロイヤルホスト」風のオニオングラタンスープに挑戦したよ人気のファミレス「ロイヤルホスト」の看板メニューといえば「オニオングラタンスープ」。玉ねぎの甘味が効いていてとってもおいしいですよね。今回は、そのオニオングラタンスープを独自に分析。再現レシピとしてチャレンジしました!

▲玉ねぎの甘味が溶け込む上品なスープ。アツアツを召し上がれ!

▶材料(1人分)
・玉ねぎ=1/2個
・塩=ひとつまみ
・水=300ml
・固形コンソメ=1個
・バゲット=約1.5cmの厚さを2枚
・ピザ用チーズ=少々
・パセリ=あればお好みで
・サラダ油=少々

▶作り方
1.玉ねぎを薄切りにし、サラダ油を薄くひいた鍋に入れ、塩を加えてひと混ぜする。
フタをして弱火で15分ほど加熱する。

2.玉ねぎがしんなりしてきたらフタを取り、飴色になるまで15分ほど炒める。
じっくり炒めた玉ねぎの甘味が「ロイホ風」の要となる。スープの中でとろとろになるまで辛抱強く炒めよう。

▲焦がさないよう、弱火でかき混ぜながら炒める。焦げそうになったら水を足してもOK

3.2に水、固形コンソメを入れて溶かし、沸々としてきたら火を止める。

4.耐熱用の器に3を6分目まで注ぎ、バゲットを乗せる。
バゲットにスープが浸み込んだら、さらに鍋の残りのスープを注いでピザ用チーズを乗せる。

▲バゲットを乗せたら再びスープを注いでチーズを乗せる。チーズの量はひとつまみ程度が目安

5.オーブントースターでチーズが溶けるまで加熱。

▲チーズが溶けるまでオーブントースターで加熱。器が熱くなるのでやけどに注意!

6.仕上げにみじん切りにしたパセリをふる。

監修:ヤナイユキコ(フードライター)
料理雑誌の編集、ライターを経て、出産を機にフリーのフードライターに。数々の料理取材、食べ歩きの経験を活かし食品メーカーのレシピ考案も行う。現在はママ向けサイトで料理記事などを執筆。育児中でもおいしいものを食べるため、日々料理に勤しんでいる

※このレシピは編集部が独自の見解で再現したものであり、実際のお店のレシピとは異なります。正しい味は、お店に行って確認を!
※「CHINTAI2017年4月6日号」の記事をWEB用に再編集し掲載しています