今井絵理子に不倫疑惑浮上(写真はイメージです)

写真拡大

 元SPEEDのメンバーで、現在は自民党参院議員の今井絵理子(33)に不倫疑惑が浮上した。7月27日発売の『週刊新潮』(新潮社)が、神戸市の自民党市議で歯科医師の橋本健氏(37)と東京、大阪で連泊を重ねていたことをスクープしたのだ。

『新潮』の記事では、7月14日に東京・千代田区内の今井が住む高級マンションに橋本氏がお泊り。翌15日は、大阪市内のシティホテルに2人で宿泊。シャワーを浴びた直後だろうか、髪を濡らしてパジャマ姿でホテル内を移動する今井の姿も激写された。新幹線の車中では手を握り合い、大人の関係にあることを強く印象づけている。

「橋本氏は既婚者で子供が2人います。『新潮』の報道では、妻とは別居状態のようですが離婚には至っておらず、男女の関係であれば不倫と言えます」(週刊誌記者)

 今井は、前夫でロックバンド・175RのボーカルSHOGO(37)との間にもうけた、中学1年の長男を育てるシングルマザー。障害を持つ長男の育児に女手一つで奮闘する経験を惜しげもなく披露したことで、有権者の支持を獲得。2016年夏の参院選比例区で約32万票を集めて当選した。だが、自らの家庭を放棄して不貞愛に走っていたのであれば、国民を欺く一大問題だ。

「今井は確たる地盤がないし、政治の経験も見識もなく、知名度だけで当選しました。今回の醜聞で、今井に票を入れた多くの子育て世代の女性の不興を買うのは必至です」(政治部記者)

 今井は『新潮』の取材に、橋本氏と同室に宿泊したことは認める一方、「原稿を一緒に書いていた」などと一貫して不倫を否定した。とはいえ、にわかには真実と受け止めにくい。こうした今井の脇の甘さは以前から指摘されていた。

■違法風俗店経営者と交際の過去も

 今井は参院選に出馬表明した直後、当時の交際相手の男性が、違法風俗店を営業したとして逮捕されていた過去を『週刊ポスト』(小学館)などが報道した。

「男性の店を見学したり、男性が逮捕された際に面会に訪れていて、男性の仕事内容を知りながら交際していたと報じられました」(芸能誌記者)

 国会議員の不倫騒動でいえば、昨年、イクメン議員と称されながら浮気が発覚して議員辞職に追い込まれた宮崎謙介氏(36)のケースがある。不倫を否定する今井だが、今後の展開次第では前代未聞の“SPEED辞職”を余儀なくされそうだ。

文・真田栄太郎(さなだ・えいたろう)※1大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ダークサイドリポート』(ワニマガジン社)、『週刊宝島』(宝島社)、『Hot Dog Press』(講談社)などに寄稿。現在は週刊誌の記者・編集者として事件、芸能取材に奔走する