“神ボディ”片山萌美に瑛太「触ります」監督からの要望とは?<ハロー張りネズミ>/片山萌美(C)モデルプレス

写真拡大

【片山萌美/モデルプレス=7月27日】女優の片山萌美が27日、都内で行われた「『ハロー張りネズミ』×『ハリネズミカフェ』」コラボイベントに出席した。

瑛太、主演ドラマ舞台挨拶で突然土下座

◆片山萌美、撮影エピソード語る


放送中のTBS系ドラマ『ハロー張りネズミ』(毎週金曜日よる10時)に出演中の片山は、ドラマの今後の見どころを聞かれると「明日(7月28日)の放送は、(深田恭子が演じる)蘭子が今後どう関わっていくのか分かっていくので、見どころだと思います」と紹介。自身の見どころについては「ちょこちょこ出させていただいているんですけど、第9話でガッツリと出させていただくコメディ回があるので、絶対に見てほしいです」とアピールした。

また、ドラマでは俳優の瑛太演じる探偵事務所の所員・七瀬五郎と、V6の森田剛演じる同所員・小暮久作から、下心満載のちょっかいを出されるが、そんな2人との撮影について聞かれると「森田さんはどちらかというと喋らないというか、いつの間にか姿を消して、でもそこにいるみたいなタイプの方で、そんなにたくさんお話をしていないんです。瑛太さんはお話してくださって、瑛太さんが大好きな焼きそば屋さんに『行ってみて』って言われたり、気を使って『触ります』って言って触ってくださって(笑)」とエピソードを披露。シャイな瑛太が劇中では大胆なことをしている点については、「ちゃんと切り替えて、役に入り切ってやっていらっしゃるんだろうなって思います」と語った。

さらに、女性の撮り方にこだわるという大根仁監督から、どんな要望があるのか尋ねられると「『谷間を作ってくれ』って」と明かして笑いを誘った。

◆可愛いハリネズミに笑顔


イベントで、実際にハリネズミを触ってみた感想を聞かれた片山は、「撮影現場に一度ハリネズミが来てくれたことがあって、そのときに触らせていただいた子は柔らかかったのですが、今回は痛い子もいたり、まだ人馴れしていない子もいて、ちゃんと個性があるんだなって感じて、可愛いなって思いました」と目を細めた。

数いる種類の中からどれがお好みか尋ねられると、“シニコット”を挙げ「ベージュがいいですね。淡い色の子って可愛いですね」と声を弾ませたが、片山は猫を3匹飼っているそうで、「ハリネズミを飼ったら大変かな」と笑顔を見せた。

◆ドラマ「ハロー張りネズミ」と「ハリネズミカフェ」がコラボ


ドラマ『ハロー張りネズミ』と六本木と原宿に店舗を展開する『ハリネズミカフェ』がコラボレーション。ドラマの劇中にてスナック「輝(キララ)」でセクシーな従業員・萌美役を務め、その“神ボディ”で視聴者を魅了している片山が、同イベントの宣伝隊長に就し、来店した記者らをもてなした。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】