カプコンが2018年初頭発売予定のPS4用ハンティングアクション『MONSTER HUNTER: WORLD(モンスターハンター:ワールド)』で武器デザインコンテストが開催されました。


また、14種類の武器種の特徴を紹介した動画も公開されました。

【14種類の武器種】
・大剣
・片手剣
・双剣
・太刀
・ハンマー
・狩猟笛
・ランス
・ガンランス
・スラッシュアックス
・チャージアックス
・操虫棍
・弓
・ライトボウガン
・ヘビィボウガン

『MONSTER HUNTER: WORLD』武器デザインコンテスト

【応募期間】7月27日(木)〜8月17日(木)13:00


アメリカ、ヨーロッパ、アジア、日本の4地域から武器デザインが募集されます。

世界各地域より集まったデザインを運営チームが審査し、一次審査通過20作品を選出。その後、SNS上で公開し、「いいね」獲得数上位8作品を選出します(各地域での合計数値で決定)。

その中から『MONSTER HUNTER: WORLD』開発陣により最優秀賞が決まります。

最優秀賞(1名)は、『MONSTER HUNTER: WORLD』に登場する武器デザインとして採用されます。

応募要項などの詳細は、『MONSTER HUNTER: WORLD』公式サイトをご確認ください。

14種類の武器種の特徴を紹介した動画が公開

『MONSTER HUNTER: WORLD』公式サイトで、14種類の武器種紹介動画が公開されました。

近接武器から遠距離武器まで、それぞれの武器の基礎知識をチェックしましょう。

『MONSTER HUNTER: WORLD』では、クエスト中もキャンプで自由に武器変更が可能なため、さまざまな武器で狩猟を楽しむことができます。

▼大剣▼

大剣を使ったガードや、溜め斬りのモーションも確認できます。

▼片手剣▼

抜刀中のアイテム使用シーンも。何かの薬を飲んでいるようですね。

▼双剣▼

怒涛の攻撃ラッシュに注目。スタミナを消費するかわりに、さらなる連撃が可能な鬼人化も紹介されています。

▼太刀▼

しなやかな動きでの連続攻撃や、太刀の特徴である気刃斬りも確認できます。

▼ハンマー▼

溜め攻撃が紹介されています。モンスターの頭を攻撃して、気絶を狙う場面も登場。

▼狩猟笛▼

自分やメンバーにさまざまな効果を付与できる「演奏」も紹介されています。

▼ランス▼

リーチの長い攻撃を確認できます。ステップを行う場面も動画で紹介されています。

▼ガンランス▼

ガンランスの特徴である、多彩な砲撃系のアクションを動画でチェックできます。

▼スラッシュアックス▼

斧と剣、2つのモードが紹介されています。属性解放突きは、相変わらずの大迫力!

▼チャージアックス▼

チャージアックスは、ビンに溜めたエネルギーを消費して、火力を高めることができます。

▼操虫棍▼

狩虫を操って採取したエキスで、自己を強化できる操虫棍。空中を基点とした、立体的な攻撃も紹介されています。

▼弓▼

力を溜めた、さまざまな射撃のアクションについて確認できます。

▼ライトボウガン▼

状態異常系の弾、起爆竜弾を使ったメンバー全員のサポートも得意だと紹介されています。

▼ヘビィボウガン▼

動画によると、機関竜弾、狙撃竜弾など、強力な特殊弾を装填することもできるとのこと。

©CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
※画面は開発中のものです。