スペイン・トレド近郊のエルカルピオデタホ村で行われた死んだガンの首をもげるまで引っ張る伝統行事に参加する人(2017年7月25日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】スペイン・トレド(Toledo)近郊のエルカルピオデタホ(El Carpio de Tajo)村で25日、馬に乗りながら死んだガンの首をもげるまで引っ張る伝統的行事が行われた。

 行事の起源は中世、生きた動物を軍事訓練に用いていたことにさかのぼる。行事では、馬に乗って逆さまにつり下げられたガンめがけて全速力で走り、ガンの首が引きちぎれるまで力を込めて引っ張る人たちの姿が見られた。
【翻訳編集】AFPBB News