以前訪れたことのある特定の場所で、不安や恐怖を感じてしまうパニック障害「広場恐怖」。この症状に悩まされている人たちにとっては、「旅」に出ることはかなりハードルが高いという。

そこで、Agoraphobic Traveller(広場恐怖症を抱える旅人)と自らを称するJacqui Kennyさんは、自宅にいながら世界一周する方法を思いついた。彼女のアイデアには多くの反響があり、様々なメディアが取り上げるなどした結果、35,000以上のフォロワーを抱える人気Instagramアカウントに。

ストリートビューを使った
「世界一周の旅」

アラブ首長国連邦・シャールジャ

モンゴル・ウランバートル

ペルー・アレキパ

モンゴル・バガノール

ペルー・アタカマ

ベルギー・フランデレン

セネガル・サン=ルイ

メキシコ・シウダーフアレス

キルギス・ナルン

ペルー・タクナ

チュニジア・メドニン

旅をしているときは
ストレスを忘れることができる

もともと広場恐怖症を抱えていたJacquiさん。そこに、経営していた会社をたたまなければいけなくなったことが重なり、かなりのストレスに襲われたという。だから、自分のネガティブな感情を忘れられることを探し求めていた──。

そこで、Googleストリートビューを見ていたときに、行ったことのない土地を知る感覚に惹かれ、その景色をスクリーンショットするプロジェクトを始めたのだ。「今までに『旅』をした場所で一番好きな国はどこ?」という質問に、彼女はこう答えてくれた。

私は、ほぼ全ての国を旅しました。おそらく行った都市は1,000以上ですね。そのなかでもお気に入りは、モンゴル、セネガル、ペルー、チリの4カ国かな。明かりの入り方や街の色がとても綺麗なの

Photos by Jacqui Kenny/Google

Licensed material used with permission by Jacqui Kenny