ファウルを厭わないディフェンス、数々の問題行動、プライベートでの奇行から“問題児”のレッテルを貼られがちな男、デニス・ロッドマン。

しかし、実際にプレイをさせれば超一流だった。上背はさほどないものの、支配的なリバウンド力やディフェンス力で、キャリア中には計5度のNBAチャンピオンに輝いている。

主に1980〜90年代のNBAにおいて、ジョーダンやマジック・ジョンソンなどオフェンスで輝くスターが多い中、ディフェンスに特化したスーパースターという面でも、ロッドマンは異質の存在だった。

https://youtu.be/VOMKqwsEm8g

出典: youtu.be

二度目のシカゴ・ブルズ3連覇時、共に戦った“神様”マイケル・ジョーダンも、ロッドマンのことを高く評価している。「彼は身長205cmくらいだと思われているが、実際は200僂覆いらいだよ。体重も恐らく100圓舛腓Δ匹らいでPFとしてはかなり小柄だ。それでも、PFとして試合に与える影響はとてつもなく大きい」

あのジョーダンにこう言わせるほどの実力。それは選手として結果でも証明している。2度のNBA最優秀守備選手賞、7回のNBAオールディフェンシブファーストチーム選出、そして驚異の7年連続リバウンド王……。かの有名な“バッドボーイズ”の一員として活躍したデトロイト・ピストンズでは、彼の背番号10番は永久欠番となっているほどだ。

さらに、ロッドマンより少し後にNBAで活躍したアロンゾ・モーニングは「彼はリバウンドでゲームを支配することができた。それは、ビル・ラッセルやウィルト・チェンバレンのようにね」と彼のプレイを語っている。
※ビル・ラッセル:1950〜60年代に活躍したセンター。計11回の優勝を果たしたレジェンド
※2ウィルト・チェンバレン」1試合100得点など数々の伝説を残す怪物選手

とにかく悪目立ちをすることが多いロッドマンだが、チームのためなら何でもするといったような献身的なディフェンスと熱いハートでプレイし続けた彼だからこそ、こんなにも人々に愛され続けるのだろう。