彼とのお付き合いが順調に続けばいいですが、ときには少し距離をおいてみたりすることもありますよね。そんな悩める女性必見! 距離をおいたあと必ずうまくいくための恋愛レッスン、スタート♡

一度距離をおくのはアリ?




出典:Shutterstock.com

「お互いの大切さに気づくため少し距離を置いた」というカップルは多いそう。一度別れたけれどやっぱりやり直すことにしたという話も珍しくありません。どうもケンカばかりでうまくいかないときは、冷却期間を設けるのは有効◎とはいえ「このまま別れることになったらどうしよう」という不安な気持ちは消えませんよね。実は距離のおき方を間違えなければ大丈夫なんです♡

彼の心を取り戻す恋愛レッスン♪




出典:Shutterstock.com

■あくまでまだ付き合っている状態だとお互い理解して距離をおく

距離をおく=自由ではありませんし、まだ交際が続いている状態だということをきちんと理解しておきましょう。距離をおくことと、音信不通になることは全く異なります。“信頼関係があり、まだお互い気持ちがある状態”だからこそ距離をおけることをお忘れなく♡

■連絡は基本的にしないが何か重要なことがあったら必ず連絡する

距離をおいてもダラダラ連絡を取り合っていては冷却期間とはいえません。連絡は基本的に取らずさみしい気持ちを痛感しましょう。こない連絡を無意識に待ってしまうことで、相手のことを自然と考えるようになるんです♡しかし「大けがをした」などの重要事項はすぐに彼に伝えましょう! 距離をおいても信頼し合えていると思えることが再構築への近道です♡

■彼が嫌だった欠点を直す努力をして見せる

例えば彼が「お前が束縛するところが窮屈でもう無理」と言っていたとします。たまに連絡を取ったり会ったりしたときは「会わないときなにしてたの?」「どこでいつも過ごしてるの?」など質問攻めしないようにしてみて。「しばらく会わないうちに変わったな」「今の彼女とならやっていけるかも」と思ってもらえるように気をつけてみてください!

■たまに会ったときはお付き合い当初のように楽しく過ごす

余計なおせっかいを焼いたり、心配する必要はナシ。
「私がいないとやっぱりダメでしょ?」という態度はNGです。待ち合わせをして何をしたら彼が喜ぶかだけを考えてデートの時間を楽しむこと♡彼の心を取り戻すためには実はこれが1番だったりします。「幸せだな」「彼女といるときが1番笑える」と、彼もあなたをマックスに好きだった頃の気持ちを思い出してくれるはず♡


出典:Shutterstock.com

どうしてもお付き合いが長くなれば、マンネリ化してきたりケンカが増えたりしてしまいますよね。これを乗り越えてこそ愛が深まります♡「もうダメかも」なんて悲観的にならず、もう一度彼に愛されるようにがんばりましょう♡