室井佑月氏

写真拡大

26日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、作家の室井佑月氏が、20代の一般女性が放った言い分に憤慨した。

番組では、東京各地を巡り、昼間から酒を飲んでいる人たちの言い分を聞いた。その中で、上野で飲んでいた28歳のほろ酔いOL女性が「会社の女子力の高さがウザい」と語る。女性によると、会社の「40代ぐらいのおばさんたち」が"女子力"を発揮し、「私も一緒にランチ行く〜」と20代のランチの輪に入り込んでくるという。

さらに「肉女子」をアピールし、昼間から和牛ステーキ丼を食べたがるそうで「マジでウザイ!」「ババアほど、やるからね!」「無駄な女子力、マジ面倒臭い!」と言い放ったのだった。

VTR終了後、スタジオでは現在47歳の室井氏が「ムカつく!」「40(歳)超えてたら肉食っちゃいけないの! ?」と怒りを露わに。玉袋筋太郎は「(女性が)40代になったとき、同じことを言われる」と気遣い、ライムスターの宇多丸も「正しいことを言う場じゃないから、暴論でもいい」とフォローする。だが、室井氏は「私の28歳のほうが、かわいかった」と女性の発言に到底、納得できない様子だった。

【関連記事】
遠野なぎこが「抱かれたい男グランプリ」で羽生結弦を支持する女性に痛烈
甲本ヒロトがフォークデュオ・あのねのねに弟子入りしていた過去
吉田沙保里に女装家がアプローチ法を助言「最強の子ども作りませんか?」