『GENERATIONS高校TV』(通称『GENE高』)がAbemaTV・AbemaSPECIALチャンネルにて毎週日曜21時〜放送中だ。同番組は「日本中の学生を熱狂させる学校青春バラエティ」をテーマに、ダンス・ボーカルグループのGENERATIONS from EXILE TRIBEが、実際の学校を訪問し、授業に参加したり、ダンス部の部員にダンスをレクチャーするなど、学生たちと触れ合いながらさまざまな企画を展開していくロケバラエティ。今回は過去放送回から、パフォーマー佐野玲於の名シーンを紹介する。

1.佐野玲於 21歳。制服姿に違和感ナシ!

 21歳と、メンバー内でもっとも若い玲於。番組のオープニング用に制服姿を撮影した際にも違和感はまったくナシ。大人気少女まんが実写化した『兄に愛されすぎて困ってます』でヒーローを演じている片寄涼太も、その似合いっぷりに太鼓判を押しており、本人も「まだイケるなって思いました」と、自信を覗かせていた。

2. 隼のことは1番分かってる?「宇宙のロマン」をプレゼント

 小森隼の誕生日サプライズ企画を行った際には、メンバー全員から隼へ誕生日プレゼントが。ひとり1000円以内という予算で思い思いのプレゼントを用意したわけだが、隼がもっとも喜んだのは玲於からのプレゼント。隼とは1番付き合いが長いという玲於は「俺がお前のことを1番理解してる」と言いながら、テレビでは映せないあるものをプレゼント。玲於は「男の青春」「宇宙のロマン」と表現し、中身を見た隼はニヤリ。玲於とハイタッチをして抱き合った。

3. ハイレベルすぎ!裕太とのダンスバトル

 全国の高校生ダンスチームによるダンス大会「青春ダンスカップVol.1」が開催された際には、決勝戦の前にデモンストレーションとして、玲於と中務裕太によるフリースタイルダンスバトルが行われることに。キレのあるダンスを披露し、会場中を興奮の渦に巻き込んだ。

(c)AbemaTV