27日付の北朝鮮の各紙は、朝鮮戦争の休戦協定が結ばれた同日の「戦勝節」に際して、米朝対決に勝利したと主張する軍事論評員の論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「こんにち、わが共和国は尊厳あるアジアの核強国、世界的なロケット盟主国に浮上した。朝鮮の戦略的地位は根本的に変わり、朝米対決構図は完全に変わった」と述べた。

また、「朝米対決の勝負は、すでに決まった。世紀を継ぐ対決で勝者は明白に朝鮮、敗者は言うに及ばず米国である」と主張した。

そのうえで、「米国がいくらあがいても、すでに決まった最後の滅亡の運命は避けられない。今、米国が生き残れる道はただ一つしかない。時代錯誤の対朝鮮敵視政策を撤回し、わが軍隊と人民に一日も早く膝を屈して謝罪することだけである」と強調した。