チェ・ミンス主演「死んでこそ生きる男」水木ドラマ視聴率1位…同時間帯ドラマ逆転なるか

写真拡大

地上波水木ドラマ競争が激しい。

27日、視聴率調査会社ニールセン・コリアの集計によると、26日放送されたMBC「死んでこそ生きる男」5話と6話は、それぞれ8.1%(以下、全国基準)、9.4%の視聴率を記録。これは先週の放送(8.6%、9.6%) よりも下落した数値だが、同時間帯1位に該当する。

SBS「再会した世界」とKBS 2TV「七日の王妃」は、「死んでこそ生きる男」の後を追っている。「再会した世界」は6.3%、7.5%、「七日の王妃」は6.5%の視聴率を記録した。

「死んでこそ生きる男」が同時間帯1位を守っているが、視聴率が下落傾向を見せており、「再会した世界」は、イ・ヨニとヨ・ジングの出会いで上昇を見せている。「七日の王妃」も放映終了を控え視聴率が小幅ながらも上昇しており、水木ドラマ競争がどのような結果を生むのか関心が集まっている。