左足首の靭帯を損傷したベルナト

写真拡大

バイエルン・ミュンヘンの左SB、フアン・ベルナトはインターナショナル・チャンピオンズカップのACミラン戦で前半に左足首の靭帯を損傷し、手術を受けたため3ヶ月間の欠場を余儀なくされる。

【関連記事:ペドロ 顔面を“複雑骨折”】

スペイン代表DFはアジアツアーを離脱し、マルクス・ウォルサー医師の手術を受けるためにミュンヘンに戻っている。

手術は計画通りに進んだが、24歳のDFは3ヶ月の欠場でブンデスリーガ開幕とチャンピオンズリーグのグループステージ初戦を逃すことになる。マンチェスター・シティ移籍を噂されていたが、負傷とシティの移籍市場での活動から、この噂はほぼなくなったと思われる。