26日、勤めていた会社を辞めたのを機に思い出作りをしようと日本で自転車旅行をしているという韓国人が、「毎日がとにかく驚きの連続」だというその道中記をこのほどインターネットの掲示板につづった。写真は日本。

写真拡大

2017年7月26日、勤めていた会社を辞めたのを機に思い出作りをしようと日本で自転車旅行をしているという韓国人が、「毎日がとにかく驚きの連続」だというその道中記をこのほどインターネットの掲示板につづった。

福岡を出発したこの人物が目指すのは東京。投稿されたのは短い文章で、内容からしてまだ旅を始めてそれほどたっていないようにうかがえるが、自転車で日々路上を過ぎる中で接する日本の「交通文化」だけでも、「韓国とは比較自体が不可能」と感じるほどカルチャーショックを受けているようだ。

まず、停止線を守らない車を一度も目にしていない。また、韓国では横断歩道や信号のない所を横切る「無断横断」がしばしば問題になるが、日本には「無断横断自体がそもそもないんだ」という。そして、韓国の都市部などでは1日に何度か聞いてもおかしくないクラクションの音を、道中一度も聞いていないそう。

「路上」での驚きはまだ続く。見知らぬ人に道を尋ねた時、こちらが日本語をうまく話せずにいても、10分でも20分でも、足を止めて説明をしてくれる。工事現場を通り掛かると、現場の係員が作業を止めさせ、「すみません」を連発して道を通してくれる。この係員の姿には「衝撃を受けた」そうだ。

この他、コンビニエンスストアや飲食店での従業員の親切度はもはや「異次元と言っていい」とつづった投稿者、ラーメン店ではたまたま隣り合わせたおじさんと下手な日本語でプロ野球を見ながら議論していたところ、「このおじさんがビールもラーメンもおごってくれた」とのエピソードも公開した。

「はあ、本当にとてもとても驚く毎日です」とまとめた投稿に、韓国のネットユーザーからは「自身が温かい方なんだね」との声も寄せられたが、一方で「僕は日本で停止線を守らない車を見たよ」「もう少し長くいたら、日本も韓国と同じと分かるさ」「まだ東京に行ってないから知らないんだね」など、「知日」を自負する人たちからの警告めいたコメントもあった。(翻訳・編集/吉金)