お誕生日の時、バースデーケーキにロウソクを立ててお祝いしますが、それは何故でしょうか?

海外では古くからバースデーケーキの上に、年齢の数の分のロウソクを立てて、その火をひと息に吹き消したら、願いごとが叶う…とされています。

この由来ですが、古代ギリシャ時代に月の女神『アルテミス』のお誕生日をお祝いするため、丸い形をしたケーキのような物を焼いて『アルテミス』の神殿の祭壇に、お供えしていたそうです。

その時、お月さまの光を表現するために、ケーキの上に細長いロウソクを立て、火を灯していたそうです。ロウソクの煙が、天にいらっしゃる神々に、願いを届けてくれる…と信じていたそうです。

そうした儀式というか『しきたり』が形を変えて伝わったとされて、一時期途絶えましたが、15世紀にドイツで『子どものお誕生日会』で復活しました。

当時、「悪い霊(悪霊)は子どもの誕生日を狙ってやって来る」と言われていて、お誕生日の子どもを守るために、たくさんの人が集まったそうです。

そして神様にお願いごとが届くように…と、ケーキの上のロウソクに丸1日、火を灯した後、そのケーキを夕食後にみんなで分けて食べたそうです。

その後、19世紀の終わりに『アメリカ式スタイル』が誕生し、お誕生日のパーティーでは、バースデーケーキの上に子どもの年齢と同じ本数分、小さなロウソクを立てるようになったそうです。

ちなみに海外では、ロウソクを吹き消す時のお願いごとが男女によって違いがあるそうです。

男性の場合、ほとんどの方が『自分に関すること』ですが、女性の場合は『家族や人間関係に関すること』が多いそうです。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」

FMラジオ・AMラジオのニッポン放送が運営。番組やイベント以外にも記事やコンテンツが満載。ラジオを聴いていなくても楽しいWebマガジンです。 ⇒http://www.1242.com/