フジテレビ系バラエティ番組『VS嵐』に出演する(左から)乾貴士、内田篤人

写真拡大

 人気グループ・嵐が毎回ゲストとアトラクションで対決するフジテレビ系バラエティ番組『VS嵐』(毎週木曜 後7:00)の8月3日放送に、サッカー選手の内田篤人、乾貴士、酒井宏樹、大迫勇也、酒井高徳、三竿健斗ら『内田篤人軍団』が出演することがわかった。内田は2009年1月以来、8年ぶり2度目、それ以外の選手は同番組初登場となる。

【写真】かっこよく決める内田篤人選手

 ブンデスリーガ(独)のシャルケ04で活躍する内田を筆頭に乾はリーガ・エスパニョーラ(西)のSDエイバルに、酒井(宏)はリーグ・アン(仏)のオリンピック・マルセイユに、大迫はブンデスリーガ(独)の1.FCケルンに、酒井(高)はブンデスリーガ(独)のハンブルガーSV、三竿は鹿島アントラーズ所属するなど豪華な面々が集結し、嵐も「これだけのメンバーがそろうって、すごくないですか?」と驚きの表情。

 内田は「ここ(VS嵐)で集まるか、夜集まるかくらい」と冗談めかしつつも、前回、「アスリートチーム」の一員として惜しくも嵐チームに敗れたため、「きょうは勝ちたいので、チームワークのとれた面々を連れてきました」と本気で挑むことを宣言。なかでも、櫻井翔が「収録前に皆さんにあいさつをした時、乾さんだけ表情がワンランク上だった」と指摘されるほど、うれしそうな乾はスペインに行ってからも同番組を視聴していたそうで「ずっと出たかった」番組だったことを告白した。

 番組では「バウンドホッケー」や「バルーンシューティング」など恒例アトラクションはもちろん、特別企画『サッカー対決』、パスを回す一方のチームから、もう一方のチームがそのボールを奪うまでの時間を競う「鳥カゴ対決」と、コース内に設置されたコーンを交わしながらドリブルで進み速さを競う「スピードドリブル対決」を実施。絶対的に『内田篤人軍団』有利かと思いきや、嵐チームも奇跡のプレーをみせる。