タイム・アフター・タイム 〜 H・G・ウェルズの冒険

写真拡大

「透明人間」や「宇宙戦争」など数々の秀作を手掛け、"SFの父"と崇められるH・G・ウェルズ。その彼がタイムマシンを発明し、現代のニューヨークを訪れる。その目的はタイムマシンを使って逃走した"切り裂きジャック"を捕まえるため!? 19世紀後半から20世紀にかけて世界を賑わした二人が主人公のミステリーアドベンチャー『タイム・アフター・タイム 〜 H・G・ウェルズの冒険』が9月6日(水)よりAXNにて日本初放送スタート。

1893年、ロンドン。タイムトラベルに夢中になっていたウェルズはある夜、友人たちを家に招き発明したタイムマシンを披露。驚く友人たちを前に、未来では病気も飢えもなく、戦争も犯罪もない平和な社会が実現しているという"ユートピア論"を展開していると、切り裂きジャックの捜索のため警官たちが訪れる。医師で友人のジョン・スティーブンソンのカバンの中から血のついた包丁が発見され切り裂きジャックの正体が明らかとなるが、彼はタイムマシンを奪い逃走してしまう。安全装置のおかげで元の場所に戻ってきたタイムマシンに乗り、ジョンを追うウェルズが到着したのは現代のニューヨークだった...。

1979年には映画化もされた本作を『ドーソンズ・クリーク』や『ヴァンパイア・ダイアリーズ』を手掛けたケヴィン・ウィリアムソンがTVシリーズ化。若き日のウェルズを演じるのは『ハリー・ポッター』シリーズのコ―マック役で知られるフレディ・ストローマ。そして、切り裂くジャックことスティーブンソン医師を演じるのは日本でも人気を博した『リベンジ』のダニエル役で注目を集めたジョシュ・ボウマン。

実力派スタッフと若手の注目俳優が集結した最新ミステリーアドベンチャー『タイム・アフター・タイム 〜 H・G・ウェルズの冒険』はAXNにて9月6日(水)夜10:00より日本初放送。(海外ドラマNAVI)