カンタス航空は、大阪/関西〜シドニー線の季節定期便を就航すると発表した。12月14日から2018年3月24日まで、週3便を運航する。

機材はエアバスA330型機を使用し、大阪/関西発、シドニー発ともに月・木・土曜に運航する。フライトは大阪/関西を夜に出発し、シドニーには朝に到着する。シドニーは午前から昼過ぎに出発し、大阪/関西には夕方から夜に到着する。

これにより、カンタス航空の日本線は、東京/羽田〜シドニー線、東京/成田〜ブリスベン・メルボルン線をあわせた4路線となる。グループのジェットスター航空は大阪/関西〜ケアンズ線を運航しており、補完するものとなる。大阪/関西、シドニーの両都市からは、ジェットスターグループやカンタス航空でオーストラリアやニュージーランド、日本国内各地への接続もできる。

■ダイヤ

QF34 大阪/関西(18:55)〜シドニー(06:45+1)/木・土

QF34 大阪/関西(22:50)〜シドニー(10:40+1)/月

QF33 シドニー(09:30)〜大阪/関西(17:25)/木・土

QF33 シドニー(13:25)〜大阪/関西(21:20)/月

⇒詳細はこちら