広田レオナが元夫に「素肌を見せなかった」理由が深刻すぎる

写真拡大

 7月20日に放送されたバラエティ番組「アウト×デラックス」(フジテレビ系)に、女優の広田レオナが出演。番組で明かした過去の夫婦生活に注目が集まっている。

「この日、広田は『男と女の恋愛はクソだと思っている』という紹介を受けて登場し、恋愛観を語りました。その中で、MCのマツコ・デラックスから、元夫である俳優・吹越満との関係について聞かれると『生まれたままの姿も見せたことない』と告白。夜の生活でも断固として着衣スタイルだと明かし、マツコは『吹越さんはちょっとかわいそうだね(笑)』と驚いていました」(テレビ誌記者)

 その広田は夫の吹越から「結婚したのに脱いでくれないの? 詐欺!」との不満を言われたというエピソードも紹介し、スタジオをどよめかせた。

 ところがこの放送では、彼女が肌を見せられない本当の理由が、カットされてしまっていたという。

「広田は放送の翌日、男性の前で脱がない理由についてのトークがカットされていたとツイートしました。彼女によると、幼い時に性的目的で誘拐されたトラウマがあるため、男性の前で肌を見せることができなくなったそうです。その理由はおそらく、笑いにならないと判断され、放送ではカットされてしまったのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 元夫・吹越からの不満には「じゃあ写真集、見ればいいじゃん。脱いでるから」と言い返していたという広田。たとえ夫であっても、心の傷は拭えなかったようだ。